「本当にダメな人ね」嫁姑問題に苦しむ母。そんな問題を解決させたのは5歳の娘が送った1枚の手紙でした

2015.04.27 impression

1

 

結婚を機に新しくできた家族・・・義理母や義理父などとの関係性で、悩んでいる人は結構多いのでしょうか。
私も結婚してから6年間、ずっと悩み続けてきましたが、それが一瞬で解決した出来事がありました。
そのきっかけを作ってくれた娘への感謝の気持ちも込めて、シェアさせていただければと思います。

 
結婚前から、夫の強い要望で、夫の家族と一緒に生活しようと話をしていたのは6年前。
義理父が持病を患っており、義理母だけに負担をかけさせたくないという夫の気持ちは当時はとても良いことだと思い、結婚後に義理父と義理母と共に住む事が決まりました。
 
その後妊娠・出産と、子宝にも恵まれ、幸せな家庭を作ろうと気持ちを新たに毎日を過ごしていたのですが・・・
段々と、義理母が私に対して細かな指摘や注意をするようになり、関係がギクシャクしていってしまいます。
 
私も確かに完璧な主婦をやっていたわけではないので、義理母が望む様な妻になれていないせいかもしれませんが、それでも義理母からの要求は次第にエスカレートしていってしまい、気付けば「あなたと住むなんて耐えられない」「本当にダメな人ね」と、精神的にもダメージを受ける様な暴言を毎日吐かれるまでになってしまったのです。
 
作った料理、掃除した箇所、物の置き場から子供の育て方まで、なんでも自分の言う通りじゃないと気が済まない義理母。
娘の事は本当に可愛がってくれていたのですが、娘が寝静まっては、イライラしながらいろんな事を私に注意してきて、私も相当にまいってしまっていたのです。
 
夫にも何度も話をし、夫も私の状況に共感し義理母に指摘をしてくれていたのですが…
その場ではわかったと言いながらも、夫に相談していることにも腹を立て、次の日からは何事もなかったかの様に再びいびりが始まります。
遂にはそのいびりは、数年間止むことはありませんでした。
 
精神的にもすっかりボロボロになってしまい、夫に一度だけ離婚を申し出したほど。
金銭的にも義理父の状況的にもすぐに家を別にすることもできず、本当に苦しい毎日でした。
 
しかし、この状況に、急に転機がやってくるのです。
それは、娘の5歳の誕生日でした。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る