「もう別れた方がいい…」重病のガンを発症した彼女に告げられた別れの言葉に、彼が決意し起こした行動とは…

2015.06.16 impression

top

骨肉腫という重病をご存知だろうか。
 
骨肉腫とは、骨の代表的な悪腫瘍の一つ。
原発性骨悪性腫瘍の中では、最も多いと言われ年間で約250人を超える新たな発症患者が病院を訪れるそうです。
 
比較的、若年期に発症する事が多く、その多くは肺や他臓器へ転移してしまう事もあるそう。
 
 
そんな難病と戦う事となった、一人の若き女性がいます。
 
彼女の名前は舘石 彩(たていし あや)さん。
彼女は、若くしてこの骨肉腫という病魔に犯されてしまいました。
 
最初の発症は右ひざからだったそうです。
 
その後は、手術や抗がん剤治療を経て一時は回復。
しかし、つい数ヶ月前にガンが再発してしまったのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る