『大好きな飼い主が待ってくれている』保健所で繰り返される殺処分…”犬の目線”で描かれた絵本が心に響く。

2015.06.27 impression

shi1

 

皆さん、飼い主のいなくなったペットがどうなるかご存知ですか?
本当に、その現実をご存知ですか?
 
 
ペット達の大多数は保健所へと引き取られ、運が良ければ新しい飼い主に出会う事が出来るでしょう。
しかしほとんどのペットは、殺処分という最後を迎えているのです。
 
この殺処分は、年間約16万匹と言われています。
 
そんな現実に一人でも多く目を向けてほしいと、kaiseiさんより制作された絵本が大きな話題と共感を呼んでいます。
 
それは、ある家庭で飼われていた一匹の犬の物語。
 
その物語を見てみましょう。

 
1

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る