妊婦の女性に席を譲った男子高校生。すると彼は『今度は俺の番ですよ…』この言葉に秘められた意味を知り、日本中から感動の声が集まった

2015.08.01 impression

1m

毎朝多くの人が利用する電車。
特に朝の電車は、通勤通学者により身動きが取れないほどの満員となります。
 
そんな状況では、お年寄り、けが人、妊婦さんは立ったまま目的地にたどり着くことは非常に困難な状況。
そのような状況ゆえに日本人の『人を思いやる優しさ』から様々なドラマが生まれます。
 
「席を譲る」という行動は、日本人に染み付いた良い習慣ですよね。
 
しかし、そんな習慣的に行われる「席を譲る」行動に、ドラマじゃないの?と疑うような感動エピソードがTwitterを始め、あらゆるメディアで感動の嵐を巻き起こしています。
 
このエピソードの主人公は、ある男子高校生と妊婦さん。
 
朝の通学の電車はいつも通り満席。
そんな中、立っている妊婦さんを見つけた男子高校生。
男子高校生は当たり前のように妊婦さんに席を譲るのですが、そのやりとりに感動するドラマがあったのです。
 
一体どのようなドラマなのでしょうか。
その優しさから生まれた心温まる感動エピソードをご紹介していきます。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る