『僕はこれで野球をやめます』甲子園準優勝校”仙台育英”のキャプテンが試合開始前に宣言した想いとは

2015.08.22 impression

th_SAM

「8月20日」高校球児たちの熱き戦いの夏は幕を閉じ、今年の全国高校野球戦県大会”夏の甲子園”は神奈川県代表の「東海大相模」の優勝に終わりました。
 
例年のように甲子園では、熱き戦いが繰り広げられ、数々の”ドラマ”が生まれましたね。
 
そんな興奮冷め止まらぬ中、東海大相模と決勝戦で熱戦を繰り広げ、残念ながら準優勝に終わった”仙台育英”の主将「佐々木柊野選手」が”決勝戦開始前”に語っていた言葉に、「胸を打たれた」と決戦が終わっても尚、話題になっています。
 

 
「泣ける」
「こんな清々しい若者もいるのだ」
「本当にお疲れ様でした」
 

 
このような「感動」を生んだ佐々木選手が語った、まるで”ドラマ”のような言葉とはいったいどんな言葉だったのでしょうか。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る