中村雅俊からの覚醒メッセ「ルールを変えろ」。新人社員がGACKTを動かすまで。

2015.11.30 sponsored

 
th_4

 

撮影本番

 
プランがまとまらない中、GACKTの起用が決定。
ドタバタと相当大きな話になり、重圧がヒシヒシとのし掛かります。
 
結局話がまとまらないまま迎えてしまった本番。
クライアントの目が光る中、監督がなんとか作り上げたCMプランは、誰もが驚く奇抜なものでした。
その監督のプランを伝えるもGACKT側からはNGの声が。
 
th_5
 
撮影のタイムリミットが迫る中、周りから監督の説得を促される新人真北。
監督の作品にかける情熱や思いを知っている真北は、自分はどうするべきなのかと心が揺れ動きます。
 
しかし、そんな状況のなか上司田嶋は真北に「ルールを変えろ」と声をかけたのです。
 
その一言で揺れていた心が定まった真北は、周りを驚かせるような意外な行動をとるのでした…
 
新人真北を動かした胸に秘める思い、周りの人々の願い。
果たして真北はGACKTを動かし撮影を無事終えることは出来るのでしょうか。
 
一連の顛末が、この動画の中に込められています。
 

” width=”420″ height=”315″ frameborder=”0″ allowfullscreen=”allowfullscreen”>

 
無理だと思えるような状況でも最後まで諦めず、ルールに囚われずに行動すれば奇跡は起こる。
そんなことをCM撮影の過酷な現場を通じて教えてくれます。
 
昨年10月に公開された、『踊る大宣伝会議 或いは私は如何にして踊るのを止めて ゲームのルールを変えるに至ったか。Season2』。
Season1に続く今作Season2では、CMの制作過程を舞台に話が繰り広げられます。
個性溢れる超豪華俳優陣が作り上げるその世界観は、思わず目が離せずに見入ってしまうほど。
 
Season1に続き、総監督を務めるのは『踊る大捜査線シリーズ』を手掛ける本広克行氏。
それに加えGACKTや中村雅俊、升毅、片桐仁、坪倉由幸(我が家)といった豪華俳優陣が、CMの制作現場ならではの独特な世界観を盛り立てています。
 
Season2は全3話あります。気になった方は是非特設サイトで全3話をチェックしてみてくださいね。
 

 


Writing by Y.sato of cadot


提供:ネスレ日本


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る