【注意喚起】スマホの通信制限が解除され通信速度が早くなる裏技の「デマ情報」がネットで拡散中!ダマされないように注意!

2015.08.28 topics

s1

みなさん、スマホや携帯電話の「通信制限」に悩まされた経験はありませんか?
 
今やスマホのパケット通信は「4G」が当たり前ですよね。
4Gは通信速度も早く、インターネットもサクサクと使えてとても快適ですよね。
 
ちなみに4Gの「G」は英語の「Generation(世代)」の頭文字をとったもので、4Gとは「モバイル通信規格第4世代」という意味で、第3世代の「3G」はNTT ドコモの「FOMA」などのモバイル通信にあたります。
 
3Gの通信速度は14Mbps程度ですが、4Gは地域によって異なりますが、最大で3Gの10倍以上の速度に当たる、約187Mbpsもの速度で通信できる優れもの。
 
このように、すごく快適な4Gを気軽に利用できるよう携帯電話サービス各社では、パケット定額プランがあります。
 
しかし、パケット定額プランでの4Gが使い放題とはいきません。
定額プランで利用できるパケット通信量はプランによって異なりますが、現在では「最大10GB」までで、最低は「2GB」までとなっています。
 
この通信容量を越えると「通信制限」がかかり、パケット通信が大幅に遅くなってしまいます。
 
通信制限がかかった状態では、文字だけのメールのやり取りが精一杯で、インターネットを利用するには、通信が遅すぎてかなりのストレスになるのです。
 
では、通信制限がかかる容量とは、いったいどれぐらいの容量なのでしょうか。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る