町の中にひっそりとたたずむ小さな文房具屋。お客が来ないのに、何十年もお店を続けている…そのカラクリとは一体?

2015.09.03 topics

th_sum

今やスマホからネットを通じて何でも買えてしまう時代。
当然文房具だってどこのお店よりも種類豊富で、翌日には届きます。
新しく会社が出来ても、文具は通信販売会社のカタログを送ってもらうのが当たり前。
 
同じ文房具屋でもデパートや大型ショッピングモールのテナントで展開している大手の雑貨屋の方が種類豊富で、若い人はそちらで買うことがほとんどでしょう。
 
そんな時代になっても今尚お店を続けている町の小さな文房具屋さん。
お客が出入りしている姿もほとんど見かけることはありません。
 
しかし、ネットが普及してから10年以上経った今でも変わらずお店を続けており、「一体どうやって商売が成り立っているのだろう」と疑問に思ったことはありませんか?
 
そんな素朴な疑問に今回はお答えしようと思います。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る