小学校の授業参観で発覚した大問題。”イジメ”を助長する「ママ友のSNS交流」に考えさせられる。

2015.09.10 topics

sam1-2

 

近年、世間を賑わせている、SNSツールを用いた『イジメ』
 
SNSに身の回りに起きた出来事を発信したり、友達の書いた日記などにコメントを書き込んだりする子供たちが増えており、それがもととなった『イジメ』が多くあるそうです。
 
また、最近ではコミニュケーションツール『LINE』でのグループトークによるイジメなんて問題もよく耳にしますよね。
 
そんなSNSの良くない使い方が、トラブルにつながることは以前より指摘されていましたが、今回子供だけではなく、”保護者”においても良くないSNSの使い方をしていると大きな話題となっています。
 
今回ご紹介するのは、ある小学校の授業参観でLINEを用いた保護者が起こした出来事だそうです。
この出来事は、学校から保護者宛に送られた一枚のプリントに書かれていました。
 
この『LINEを用いた保護者の行動』をあなたはどう考えますか?

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る