自分のクレジットカードが不正利用された…しかし、その後クレジット会社から伝えられた一言に驚き。

2015.09.16 topics

th_SAM-2

 

「クレジットカード」は買い物などに便利な反面「不正利用」という危険も同時に存在しています。
 
そもそもの要因として、クレジットカードの不正利用は、主に「カードの盗難」が多いと言われています。
車上荒らしや、空き巣、スリなどによってカードを盗まれ、気付いてカードをストップさせた頃には既に手遅れ…クレジットカードを利用されてしまうなんてケースが多い様ですね。
 
しかしそれだけではなく、最近では手口がさらに巧妙化してきている傾向にあります。
なんと、盗まれたことに気がつかず、カードが使われてしまっていることがあるのだとか。
 
その手口は主に2種類。
 
まずは「スキミング」という手口。
 
スキミングとは「スキマー」と呼ばれる特殊な装置を使ってカードの磁気情報を読み取り、偽造カードに複製して不正使用する方法です。
貴重品が手元から離れているスキに一時的にカードを盗難し、スキマーに通して情報を読み取り、偽造カードに複製してしまうそうです。
 
もう一つは「個人情報の漏洩」
 
通販などでカード情報を入力し商品を購入すると、カード情報や、名前、住所などが利用した通販会社に蓄積されます。
その個人情報がなんらかの理由で漏洩してしまい、カード番号を盗み取られてしまうケースや、カード会社になりすましてメールを送り、アカウント情報を入力させるなどの手口があります。
 
これらの手口を100%防ぐ方法というのは基本的にないのだそうです。
しかし、簡単な方法で被害に遭う確率を減らすことは可能。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る