「間違えてない?」傷を早く治すには◯◯をしない事で早く治る!?新常識に驚きの声が集まる!

2015.09.20 topics

sam1

 

皆さん、ケガをしてしまった時、どの様に処置しますか?
 
転んだりして、擦り傷や切り傷ができた場合、多くの人が傷口の汚れを落とし、消毒液を塗り、絆創膏を貼るという処置をするかと思います。
この処置の仕方は昔から常識だと考えられており、怪我をしてしまったときは一様にこうした手当てをしてきました。
 
しかし最近では、この方法が傷の治りを遅くし、場合によっては傷跡が残りやすくなることがわかってきたそうです。
 
そこで、今までの常識を覆す新しい処置の仕方が、傷跡を残さず、治りを早くすると話題を集めています。
 
この処置を行った人は、傷の”早すぎる”治り具合に驚きの声を隠せない程なのだとか。
 
そんな”新常識”とも言われる『傷の適切な処置の仕方』をご紹介します!

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る