痴漢被害に遭い続けた女子高生。卑劣な痴漢被害を抑止させるために”あること”をして以来、一度も痴漢されることがなくなった!

2015.11.05 topics

sam1

 

 

 
「今は痴漢に遭わなくなったけれども、これまでの状況で傷ついています。痴漢に遭っても声をあげられなかったこと、声をあげても誰にも助けてもらえなかったことで『自分はクズのような存在』だと思っているとも聞きました。彼女は『自分が行動しない限り誰も助けてくれない』と思って行動しました。バッジをつくったのは価値のある行動だと彼女に思ってほしいし、多くの人に届けたいと思い、プロジェクトを起ち上げました」
 

 

 

 
「このバッジがすべての人に受け入れられるとは思っていません。なくてすめばそれでいい。でも切実に痴漢をやめてほしいと思っている子たちも実際にいます。中学生や高校生が被害に遭っています。(バッジをつくった背景には)痴漢の犯人を捕まえてほしいわけではなく、やめてほしいだけという気持ちがあります。痴漢を行う犯人は、泣き寝入りしそうな子を選んでいます。(被害者は犯人を)捕まえるのも、『やめてください』と言うのも逆ギレされそうで怖い。でも実際に被害に遭う前に、(泣き寝入りしないという意思表示で)相手が引いてくれたらそれでいいんです」
 

 

確かに、バッジはすべての人に受け入れられるものではないのかもしれません。
 
「マタニティマーク」をつけていたら嫌がらせを受けたなんて話も良く聞きます。
それゆえ、バッジをつけることで嫌がらせを受けるのでは?と感じてしまい、つけることを躊躇するかもしれません。
 
しかし、少しでも痴漢を抑止したいという気持ちから動き出す「Stop痴漢抑止プロジェクト」
 
クラウドサービスを使用することで、より多くの議論がされて、そして多くの人の目につくこととなります。
その結果、誰もが使用しやすいグッズになり、電車やバスの中で「痴漢」というものを気にしなくてよくなることを期待しましょう!

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:Yahoo!ニュース株式会社クラウドワークス


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る