元猿岩石・森脇さんの復活を機に暴かれる「猿岩石は嘘だらけ」その真相とは…

2015.11.09 topics

sam1

 

皆さん「電波少年」という番組をご存知でしょうか?
 
この番組は、1992年7月から2003年2月まで放送されたバラエティ番組のシリーズとして、「進め!電波少年」「進ぬ!電波少年」「電波少年に毛が生えた 最後の聖戦」と続けられまた。
 
今ではなかなか見ることのできない奇抜な体当たり企画で人気を博した電波少年シリーズですが、全盛期は視聴率30.4%を記録し、日本テレビの1990年代の黄金期と言われる時代を支えた番組だったと言われます。
 
そんな「電波少年」シリーズの中でも、代表作といえる企画「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」。
1996年に「進め!電波少年」で行われ、香港からロンドンまでヒッチハイクで向かう無謀なチャレンジは、多くの感動を巻き起こしました。
 
この「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」に参加したのは、当時「猿岩石」で活動をしていた、有吉弘之さんと森脇和成さん。
今はコンビ解消しており、有吉さんは毒舌さが売りとなり、今やテレビで見ない日はないほどの超人気芸人です。
一方、森脇さんは実業家として活躍するなど、タレントとしてではなく、別の道を歩んでいたのですが、2015年8月より辺見プロモーションに所属し、タレント業を再開したようです。
 
森脇さんの復活をキッカケに、「猿岩石」として活躍していた「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」企画の真相について、大注目されています。
 
猿岩石の二人で行われた「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」ですが、実は多くのツッコミどころがあることから、「猿岩石大ウソ日記」という真相を暴く本が発売されているのです。
 
今回、「猿岩石大ウソ日記」で暴かれた内容について、一部抜粋しご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る