新潟中越地震で男児を救出した警備犬亡くなる…『本当にお疲れ様でした。そしてありがとう!』

2015.12.05 topics

sam1

 

皆さんの記憶にも残っているであろう『新潟中越地震』
 
2004年10月23日、新潟中越地方を震源として発生したM6.8、震源の深さ13kmの直下型の地震。
最大震度7を記録し、住宅被害は12万棟以上に及び、68人が犠牲となった震災です。
 
そんな記録的な大地震と傷跡を残した渦中に、奇跡の救出劇があったことを皆さんは覚えていますか?
 
それは、この道を通行中の親子3人の車が崖崩れに巻き込まれ、2人が犠牲となり、男の子1人が助かったという奇跡の救出劇。
 
1

引用:jiti.co.jp

 
この救出劇に一役買っていたのは、警備犬レスター号。
崖崩れの現場で生き埋めになった2歳の男児を嗅覚で突き止め、92時間ぶりの奇跡的な救出に繋げたのです。
 
その後、多くの活躍を見せた警備犬レスター号、先日4日、老衰のため東京都内の警察犬訓練所で亡くなったそうです。
 
2

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る