少女3人の盾になり体に銃弾全てを浴びたフットボール少年。その素顔と行動に世界から賞賛と追悼が届く…

2015.12.23 topics

sam1

 

皆さん自分の身を危険に晒してまで、人の世話や手助けをできますか?
 
そんな状況のとき、多くの人は身動きを取ることができずに呆然と見ているしかできないかと思います。
 
今回ご紹介するのは、アメリカ・テネシー州でギャング集団同士の銃撃に少女3人が巻き込まれそうになったところ、身を呈して少女たちを救った少年が死亡したという事件。
 
この銃撃事件は17日の夕方、ノックスビルで起きました。
大勢の人が集まっていた現場で、数人の男たちが無差別に発砲。
 
学校でアメリカンフットボール部に所属していたザビオン・ドブソン(15)くんはとっさにに飛び出して、3人の少女に覆いかぶさり、自分が銃弾を受けたのです。
この巻き込まれた少女たちには怪我はなかったものの、ドブソンくんはその場で亡くなってしまったのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る