松山ケンイチさん激太り…!まさかのその姿にファンから心配の声も。

2015.12.31 topics

sam1

 

日本を代表とする俳優 松山ケンイチ(30)さん。
 
2001年にHORIPRO×Boon×PARCOの共同企画・ホリプロ男性オーディション「New Style Audition」で16,572人の応募者の中からグランプリを受賞し、PARCO 2001年「Looking for a new“NEW”」キャンペーンでモデルデビューを果たします。
 
その後、2002年に人気ドラマ「ごくせん(第1シリーズ)」で俳優デビュー。
2004年に映画「ウイニング・パス」で初主演を飾ることに。
 
そして、松山ケンイチさんの代表作とも言える映画「デスノート」「デスノート the Last name」でL役を演じ、注目を浴びました。
 
作品ごとの役柄によって演技・外見にいたるまで柔軟に転換させ、一貫して固定した役柄・イメージが存在しないため「カメレオン俳優」「憑依型俳優」と多くの方から賞賛を受けています。
 
そんな高い演技力とルックスから多くのファンに愛されている松山ケンイチさん。
 
12月20日に都内で行われた主演映画『の・ようなもの のようなもの』の先行上映会の舞台挨拶に登壇したのですが、その姿がまるで「相撲取り」と言われるほど”激太り”をしていたと話題になっています。
 
その姿を見た関係者やファン一同は、松山ケンイチさんの激太りしてしまった姿にアッと驚き、この急激な太り方に体調の心配しているようです。
 
松山ケンイチさん、一体どのような変化があったのでしょうか?

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る