松井秀喜選手がメジャー挑戦から引退までの間に「行っていたある事」に大反響…

2016.01.24 topics

sam1 のコピー

 

日本国民であれば誰もがご存知である、元プロ野球選手・松井秀喜さん。
 
彼の活躍は留まることを知らず、日本を代表するプロ野球選手から、世界で活躍するメジャーリーガーへと進出し、数々の功績を残してきました。
 
1993年から2002年まで読売ジャイアンツで活躍をしていた松井秀喜さん。
2003年以降は、海外でメジャーリーガーとして活躍し、2012年に現役から引退すると表明。
 
現役引退後はヤンキースGM特別アドバイザーを務めているそうです。
 
そんなヤンキース時代の松井秀喜さんは日本での評判と同様に、アメリカのマスコミからも大変好意的な評価を得ていたといいます。
 
彼がヤンキースに入団した当時、ニューヨークタイムズはこのような記事を掲載しました。
 

 
「日本のスターだというのにいつも静かに会釈をしてクラブハウスに入ってくる。」
「普段の生活でも周囲の人を楽しませようとしているようだ」
 

 
と、松井秀喜さんの礼儀正しさと謙虚さに焦点を当て、分析しています。
 
このような賞賛する声は多数寄せられており、世界各国から愛されていた松井秀喜さん。
 
そんな彼の長らくマスコミにはオープンにされなかった善行をご存知でしょうか?
この善行が報道され、世に知れ渡ると松井秀喜さんの好感度は更に上昇したのです。
 
松井秀喜さんの行っていた『善行』とは一体何だったのでしょうか?

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る