「魔女の宅急便」でジジが突如話せなくなった本当の理由…その想定外の理由に驚きの声。

2016.01.28 topics

sam1-14

 

宮崎駿監督の名作アニメ映画の一つ、「魔女の宅急便」
 
13歳になる年のある満月の夜、魔女の通例で独り立ちの旅に出た主人公のキキを描く、長編アニメーション作品。
 
宮崎駿監督の思い入れの強い作品ということもあってか、スタジオジブリの長編アニメーションの中でも1位2位を競う大人気作品かと思います。
 
先日22日に放送された魔女の宅急便は4年半ぶりの放送で、平均視聴率18.8%を叩き出し、13回目のテレビ放送でありながらも根強い人気を示しました。
 
スタジオジブリ作品の人気の理由の一つに、『物語の解釈を視聴者側に任せる』といった制作方針があり、あえてスッキリ終わらせないことで、これまでの内容を含め私たちが考えさせられるようになっているといったスタジオジブリ作品ならではの独特の魅力があります。
 
もちろんこの制作方針は、『魔女の宅急便』にも含まれており、多くの謎を秘めたまま物語は終わります。
 
その中でも、皆さんが最も気になる事といえば、
 
『なぜ、ジジは突然話すことができなくなってしまったのか?』
 
という点でしょう。
 
様々な憶測が立つ中、宮崎駿監督自身が、ジジが突然話すことができなくなった理由を明かしました。
 
その衝撃の事実に、ファンは騒然。
 
そんな宮崎駿監督の語る、魔女の宅急便の作品内では明かされなかった『ジジが話せなくなってしまった理由』をご覧ください。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る