「魔女の宅急便」でジジが突如話せなくなった本当の理由…その想定外の理由に驚きの声。

2016.01.28 topics

sam1-14

 

こちらのTweetが、ジジが話せなくなった本当の理由です。
 


 
このTweetに対し、納得したというコメントが多数寄せられることに。
 


 


 
この真相を知ってから魔女の宅急便を見直してみると、ジジは人語を理解しているとしか思えない行動をしますが、確かにキキとしか話していません。
 
冒頭で、今夜出発すると聞いたジジはぐずって、キキが叱咤する場面がありますが、これはジジがキキの迷いを代弁し、それを打ち消すことで決意を固めていると解釈できます。
 
オープニングにすれ違う修行中の先輩魔女たちも黒猫を連れていましたが、お母さんなどのベテラン魔女には黒猫のお供はいません。
 
つまり、「ネコと会話ができなくなる」ではなく、「ネコと会話する必要がなくなる」ことが一人前の魔女の証なのかもしれません。
 

宮崎駿監督の語るように、ジジが話せなくなったのではなく、キキが成長し話す必要がなくなったという解釈も納得です。
 
様々な解釈をすることのできる魔女の宅急便。
1989年に公開されてから、27年経った今でも、多くの人に愛される魔女の宅急便。
新たな事実を知った上で見返してみると、また違った楽しみを得られるかもしれませんね。

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:Twitter


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る