11日間森の中を彷徨い続けた3歳児…その間、ずっと彼女の側を離れなかった存在とは

2016.02.03 topics

th_sum のコピー

 

シベリアに暮らす3才の女の子が、熊やオオカミが出没するという森に入り込み行方不明となってしまったようです。
 
その3才の女の子の名前はカリーナ・チキトヴァ。
 
th_1
 
母と暮らすカリーナは、4才の誕生日を迎える数日前に父に会いたくなり、父の暮らす隣の村まで行くことを決めました。
 
これまでにも何度も一人で歩いたことのある道のりだったので、村へは難なく到着。
 
しかしここで問題が。
村に到着したのまでは良かったのですが、肝心の父は出掛けてしまい村にはいなかったのです。
 
そこでカリーナは父を探しに森へと出掛けることに。
こうして彼女は行方不明となってしまうのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る