ガンで腕切除の手術を受ける息子…しかしその手術中に医者が目にしたのは信じられないものだった

2016.02.25 topics

sam11

 

『紡錘細胞肉腫』
 

この病の名をご存知でしょうか。
ガンの一種で、極めて稀な奇病。
 
この難病を患ったのは、他の誰でも無い私の最愛の息子です。
生まれてすぐに腕に膨張の様な異変が見られ、おかしいと思い病院へ駆け込み診察をうけた所、病状が発覚。
 

医師からは「このままだと悪化する。手術をして腕を切除するしかない」そう言われました。
 
初めは、先生が何を言っているのか、これは現実なのか受け入れる事が出来ませんでした。
聞いたこのない病状と、いきなり宣告された腕を切除するという言葉…
受け入れられるはずもなく私は目の前が真っ白になり、診察室でそのまま倒れてしまいました。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る