世界初!!「賞味期限切れ」のスーパーがデンマークにオープン

2016.03.06 topics

th_sum

 

日本の食料廃棄量が世界でも1、2位を争う高さだということをご存知でしょうか?
 
日本では年間約1900万トンの食品廃棄物が出ており、これは世界の7000万人が1年間食べていける量だと言われています。
 
そんな日本でも問題視されている、まだ食べられるのに捨ててしまうという「食品ロス」問題。
 
この問題は海外でも長年懸念されており、どうにかこの現状を変えようと今では様々な取り組みが行われています。
 
そんな中、先月2月22日にデンマーク・コペンハーゲンで、少し変わったコンセプトのスーパー「WeFood」がオープンしたようです。
 
なんと、そのスーパーでは賞味期限切れの食品や包装に傷や汚れがある食品を専門に扱うのだとか。
 
実際にそのスーパーを利用している人々の様子を見てみましょう。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る