朝9時前は飲んじゃダメ!目覚めの一杯が逆効果になる理由とは…

2016.03.19 topics

th_3

 

今回は興味深い科学情報を紹介する「Asap SCIENCE」という動画サイトに掲載されていた内容をご紹介します。
 

脳を覚醒させるコルチゾール

 
人間にはサーカディアン・リズム(生体リズム)と呼ばれる体内時計が備わっています。
 
そして、サーカディアン・リズムには、ストレスに敏感に反応する”コルチゾール”というホルモンの分泌を調整する役割があり、これが実は朝の8時〜9時の間に最も分泌されて脳を覚醒させているのだとか。
 
th_1
 
もしもこの間にコーヒーを飲むとストレスを軽減させてしまい、それに伴ってコルチゾールの分泌も減少、結果的に脳を覚醒させるのを妨げてしまうのだそうです。
 
せっかく眠気を無くそうと思って飲んでいるコーヒーが逆効果になってしまっていては悲しいですよね。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る