毎朝会社へ出社する時、寝ている妻。ある日ランチに入った定食屋で見た光景に思わず見入る…

2016.04.05 topics

定食

 

僕の朝起きる時間は仕事の兼ね合いで早すぎるため、まだ妻は起きてない。
もちろん子供たちまだ起きていない。
 
そんな毎日を送っている僕は家族らの寝顔を見ながら、
 

 
『そいえば子供たちと最後に話したのはいつかな?』
 

 

なんて思いを馳せながら、朝食の準備を始めました。
 
新聞読みながら朝食を食べ、音量をギリギリまで下げたテレビニュースを見ながら身支度。
 
そして、静かに玄関の扉を開け、
 

 
『いってきます。』
 

 

と心の中で呟く。
 
これが僕の毎朝の流れでした。
 
そして毎日、同じ時間の電車、同じ車両に乗れば大体いつもの顔ぶれが並んでいます。
通勤電車の中では、新聞を読む人もいれば熟睡する人も。
その顔はどこか疲れ切った様子でした。
 
見慣れた光景なのですが、今日はいつもに増してその光景が脳裏に焼きついたのです。
 
電車を降り、徒歩で5分の会社に到着。
 
始業時間まで同僚たちとコーヒーを飲みながら世間話をする。
これが僕の朝の毎日の日課でした。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る