命を失う寸前の男性を助けたホームレス。しかしこの救った男性の正体が大きく運命を変えた…

2016.04.14 topics

th_sum

 

様々な理由により、住居を持たず公園や路上、公共施設、河原、橋の下などで日常生活を営んでいるホームレスの人々。
 
日本では以前に比べるとその姿は減ってきていると言われていますが、やはり都会の方に行けばその姿が未だに目に入ってきます。
 
そんなホームレスが、フランス東部ジュラ県ドールで一酸化炭素中毒で命を失いかけた62歳の男性を助けたというニュースが報じられました。
 
ホームレスに命を救われた男性の名はミッシェル・フラマン(Michel Flamant)。
 
フラマン氏は地元でパン屋を営んでいましたが、この事がきっかけで命を救ってくれた37歳のホームレス、ジェローム・オカン(Jerome Aucant)氏に店を譲ることに決めました。
 
しかもその値段はたった1ユーロだと言います。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る