卵って1日1個じゃなかったの?1日10個食べ続けた男性の現在の姿とは…

2016.04.16 topics

sum 10.30.05

 

 

完全栄養食品「卵」

 
卵は”完全栄養食品”と言われていて、なんでも食物繊維とビタミンC以外のほとんどの栄養素がバランス良く含まれているそうだ。
 
そして、人が一日に必要とする栄養素(タンパク質、脂質、カルシウムやリン、鉄や亜鉛などのミネラル、ビタミンA、Eなどのビタミン類などなど…)の約10~20%が卵一つに凝縮されている
 
これは今の僕に食べないという選択肢はない。
 
しかし、「卵は1日に1個しか食べてはいけない」ということを聞いた事はないだろうか?
 
th_2
 
少なくとも僕はそう思っていたのだが、この情報はどうも違うらしい。
 
この誤解を生むキッカケとなったのは約90年前の1913年に行われたロシアでの実験でのこと。
 
この実験ではコレステロールが人体に与える影響を調べるために、栄養価の高いタマゴを、草食動物のウサギに食べさせて測定を行った。
 
その結果、動脈硬化のもとといわれる血中コレステロールが増加し、タマゴ=コレステロールの印象が生まれてしまったのだ。
 
その後、同じ研究発表をした機関が、それは間違いであったことを発表したのだが、それについては何故か話題に上らず、そのまま卵=コレステロール値が高くなる食べ物という認識が広がってしまったということらしい。
 
という事はもう何も恐れる事はない。
 
かの有名なゆで卵先輩こと、板東英二さんは1日に5個食べているとのことなので、僕はその倍の10個を2週間毎日食べ続けて自分の体の変化をみることにした。
 
th_1
 

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る