無口な夫が小学生の娘と入浴中。ふと覗くと、その中でしていた事に固まった

2016.04.27 topics

doa1

 

いつも物静かで無口な夫が、まるで自分も子どものように3人でお湯を掛け合ったり、はしゃいで遊んでいたのです。
 
いきなり私がドアを開けた事で、

 

 
お、おい!何だよいきなり!!
 

 

顔は赤面し、恥ずかしそうな表情で慌てる夫。
しかし、子ども達が、

 

 

パパめちゃくちゃ面白いよー!!
パパね、お風呂の中に潜ってたよー!!
 

 

そう嬉しそうに教えてくれました。
 
夫のあまりにも意外な一面と、子ども達とそんなにはしゃぎながら遊んでいる姿など見たことのなかった私は何だか嬉しくなりました。
 
もしかしたら、本当は凄く恥ずかしいだけでもっともっと感情を表に出したいのかもしれません。
特に男の人は、長年連れ添ってもそういった本音を出せないとよく聞きます。
 
その日から、少しずつですが、夫の表情も柔らかくなり、今までよりも家庭内が少し明るくなった気もします。
 
一見、気難しそうな人や恐そうな人がいても、それは見た目の問題。
そしてそのイメージからその人のカラーを決めつけがちですが、どんな人も「引き出す人の受け方」や「側にいる人の接し方」で本当の姿を引き出してあげる事が出来るのかもしれませんね。

 


Writing by Takafumi Maeda of cadot


寄稿提供者:高山 菜穂 様


画像引用元:info/blog


Cadot(カド)は、心暖まるキュートな話題を
毎日あなたにお届けします。

ステキと思ったら、是非フォローして下さい
 

 
【あなたのストーリーを広めませんか?】
Cadot-カド-では、読者様の心暖まる話や心に響く感動話を募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします☆
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

 
【本記事の無断転載について】
本記事は、読者からの寄稿または取材を元に弊社専属ライター及び弊社契約ライターが作成した記事になり、記事の著作権は弊社のみに帰属します。
キュレーションサイト、バイラルメディア、まとめサイト、ニュースサイト、ブログなどへの本記事コンテンツの無断での部分引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。
無断掲載が確認された場合、法人・個人問わず弊社が別途定める掲載費用をお支払いいただくことに同意されたものとします。
※著作権法に定められる一般的な「引用の目的上正当な範囲」(参考リンク先『審友会』引用説明1~4における全ての条件を満たす範囲)での一部引用については、この限りではありません。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る