【実はこんなにスゴかった!?】五輪エンブレムに隠された美しい”秘密”に大絶賛の声続々

2016.04.28 topics

sam2

 

江戸時代に「市松模様」として広まったこのチェックデザイン。
日本の伝統色である藍色を使うことで日本らしさを描いていますね。
 
0
 
一見、適当に形の違う四角形が並べられているだけのように見えるのですが、ある法則が隠れていることがある教授の分析により明らかになりました。
 
こちらが話題を集めた組市松紋のある法則を明らかにしたTweetです。
 


 

1
 
まず、外周を大きな24角形と捉え、その対角線を線で結ぶと小さな12角形ができます。
 
その12角形の角を結ぶことで、市松模様が現れるのです!
 
2
 
オリンピック、パラリンピックどちらも同じ法則で作られていました。
 
3
 
なるほど・・・・
この美しい市松模様は適当にバランス良く配置したわけではないことが良くわかりますね。
 
実は、この野老さんの手がけた作品には、まだまだ美しい秘密が隠されていました!

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る