バスの後部座席で震える犬。ただ事ではないと運転手が近寄ると悲惨すぎる事実が発覚する・・・

2016.05.08 topics

sam1

 

イギリス・ロンドンのバスの運転手、ポール・マックさん。
 
ポールさんはいつものように朝9時30分ごろ、ロンドン市内を運行していました。
すると、2人組の男性がブルテリアを連れてバスに乗って来たのです。
 
犬と一緒に公共交通機関に乗車することは、ロンドンだけでなくヨーロッパ全土では日常的な光景。
 
そのため、ポールさんも特に気にしていなかったのですが、しばらくすると2人はブルテリアをバスに残し、降りて行ってしまったそうです・・・
 
1

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る