巨大すぎて、もはや恐竜!パナマ運河で捕らえられた”ワニラ”にはこんな秘密がありました…

2016.05.14 topics

th_sum


 

日本から遠く離れた位置に存在するパナマ運河。
 
パナマ運河はパナマ共和国のパナマ地峡を開削して太平洋とカリブ海を結んでいる、閘門式(水位を変えられる装置付)運河です。
 
そんなパナマ運河で捕らえられた”ある生物”が、ネット上を騒然とさせています。
 
その騒動の中心となっている生物とは、”ワニ”なのですがただのワニではありません。
 
そのワニは私たちの想像を絶すると言われ、もはやその見た目はワニとというよりも恐竜であり「ワニラ」と呼ばれ、ネット上を騒がせています。
 
そんな大きな話題となっている「ワニラ」の写真。
まずは、捕らえられた時に写された実際の写真をご覧下さい。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る