「ウチの子はこの子だけや・・・」明石家さんまの”現在の姿”を作った語られない過去とは…

2016.05.22 topics

th_sum_5


 

お笑い界の大御所、明石家さんまさん。
 
さんまさんといえば、その止まることのない軽快なしゃべりが特徴で、どの番組で見てもそのキャラクターが変わることはありません。
それどころか、プライベートでさえ、さんまさんと親交のある芸能人が語るには、テレビのままだと語られていました。
 
普段テレビで明るくおちゃらけて振舞っているような芸能人でも、カメラが回らなくなった瞬間に態度が急変し、素に戻るといった芸能人も多いと聞きます。
 
しかし、さんまさんはテレビが回っていないところでもテンションが変わることなく四六時中あの調子。
 
プライベートでも、握手やサイン、写真を求めるファンに対して気軽に答え、その対応は”神対応”だと評されています。
 
さんまさんの底知れない明るさはどこからきてるのか、一体なにが原動力となっているのか。
 
それは、テレビではあまり語られることのない、さんまさんの壮絶な過去にありました。
 
今回はさんまさんがなぜあんなに明るく、軽快なトークをするようになったのかがわかる過去のエピソードをご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る