『ママ、変な臭いがする』旅行中に息子から突然言われた一言。後日恐ろしい事実が発覚・・・

2016.06.01 topics

sam1

 

医師によれば、発見時期の状態は初期段階だったため、内視鏡によって切除するだけで命に別状はないとのこと。
 
しかし、このまま気づかずに放置していれば間違いなく危険な状態になっていたそうです。
 
一年経った現在も、通院は行っていますが、今までと変わらない生活を送っています。
 
あの時、息子が妻のにおいを指摘しなければと思うとゾッとしてしまいます。
 
ガン患者は場所や進行状況により、においを発することがあるようです。
 
とはいえ、妻の状況ではにおいを発するような状態ではありません。
 
しかし、息子が妻から発せられる「いつもとは違うにおい」を敏感に嗅ぎ分けたおかげで妻の命が助かりました。
もしかしたらにおい以外の違和感を感じていたのかもしれません。
 
いずれにしても、大人にはない、子どもの不思議な力によって、妻は生き繋ぐことができたのかと思うと息子に感謝するばかりです。
 
もしかしたら、犬が吠えてきたのも、そういったサインがあったのではないかと、今になっては思います。
 
皆さんも、ご家族、友人に何か言葉にできないような違和感を感じるようなことがあれば、病院を勧めてください。
 
根拠はないかもしれませんが、その行為は命を救うことになるかもしれません。

 


Writing by Takafumi Maeda of cadot


提供:田中 剛士


Cadot(カド)は、心暖まるキュートな話題を
毎日あなたにお届けします。

ステキと思ったら、是非フォローして下さい

【あなたのストーリーを広めませんか?】
Cadot-カド-では、読者様の心暖まる話や心に響く感動話を募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします☆

※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

【本記事の無断転載について】
本記事は、読者からの寄稿または取材を元に弊社専属ライター及び弊社契約ライターが作成した記事になり、記事の著作権は弊社のみに帰属します。
キュレーションサイト、バイラルメディア、まとめサイト、ニュースサイト、ブログなどへの本記事コンテンツの無断での部分引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。
無断掲載が確認された場合、法人・個人問わず弊社が別途定める掲載費用をお支払いいただくことに同意されたものとします。
※著作権法に定められる一般的な「引用の目的上正当な範囲」(参考リンク先『審友会』引用説明1~4における全ての条件を満たす範囲)での一部引用については、この限りではありません。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る