『私は好きじゃないな』日本人パフォーマーが大絶賛を浴びる中、一人の審査員が放った辛口評価

2016.06.14 topics

sam1

 

そしてパフォーマンスが終わり、会場は大喝采に包まれる中、審査員たちは称賛のコメント送ります。
 
th_6
 

「体が勝手に動いてしまったわ」
「映像の中に吸い込まれてしまいそうだった」
「現代的で独創的な最高のパフォーマンス」

 

誰もが興奮気味で話す中、一人の審査員だけ・・・
 

「私は好きじゃない」

 

th_7
 
この言葉を聞いて、ブーイングと共にさっきまでの興奮が嘘かのように静まり返る客席。
予想もしていなかった一言にメンバー達の表情も一転してしまいます
 
th_8
 
凍りつく会場の中、審査員はこう言い放ちます。
 

「私は愛しているからだよ」

 
th_9
 
この一言に会場は再び拍手が巻き起こり、大歓声に包まれました。
 
そして、1シーズンで各審査員が一度しか押せない「ゴールデンブザー」をメンバーに再確認すると躊躇うことなくボタンを押します。
 
このボタンが押されることにより、彼らの準決勝進出が決定したのです!
 
th_10
 

審査員が一芝居打つことによって観客はさらに大興奮。
彼らの準決勝進出を祝福され、番組は幕を閉じました。
 
彼らの圧巻のパフォーマンスは世界で認められ、快挙を上げることになりました。
同じ日本人として、誇り思います!
 
今後も素晴らしいパフォーマンスを次々と生み出し、世界を舞台に輝いていってほしいものです!

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:Siro-A: Piers Morgan Hits Golden Buzzer for a Creative Dance Group – America’s Got Talent 2015


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る