太りすぎてしまったことが原因で見放されたワンコ。保護団体が救いの手伸ばすと、みるみるうちに・・・

2016.06.22 topics

sam1

 

日本でも多くのご家庭で飼われている犬。
 
その可愛らしさから家族同然の生活をし、毎日を共に過ごしているかと思います。
 
しかし、中には飼育できない!という身勝手なエゴにより、飼育放棄してしまう人も大勢います。
 
そういったペットたちは、施設に引き取られ、別の里親が探しますが、見つからなければ、殺処分という結末を辿ることに・・・
 
そんな世界的に問題視されている動物の飼育放棄問題の中でも、今回ご紹介するケースは特殊だったとのこと。
 
シカゴの動物保護団体に引き取られた一匹のビーグル犬。
彼の名前はケール。
 
なんと彼は、太りすぎていることを理由に、飼い主より捨てられてしまったのです。
 
今回そんな一匹のビーグル犬のエピソードをご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る