鈴木福くんのノーバン始球式。投球フォームがプロ級だと注目を集める!

2016.06.23 topics

th_sum_2

 

ドラマ「マルモのおきて」で芦田愛菜ちゃんと共演をし、一躍知名度を上げ人気子役となった鈴木福くん。
 
そのドラマの主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」で歌手デビューをし、史上最年少の7歳という若さで紅白出場まで果たしました。
 
そんな福くんが2016年6月18日、「日本生命セパ交流戦 広島vsオリックス @マツダスタジアム」の試合前に始球式を務めました。
 
まず、マウンドに立つとマエケン体操で会場を沸かせた福くん。
 
投球前にはキャッチャーのサインに首を振るなど、ここでもサービス精神は忘れません。
 
そして、福くんが力強く左腕を振り抜くと、ボールはノーバンでキャッチャーまで届き、会場がどよめきました。
 
なぜ、福くんがノーバンでボールを投げることが出来たのか、それは投球フォームを見れば誰もが納得しました…

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る