女性の中から摘出した大きな腫瘍。しかし、その正体は衝撃的なものでした…

2016.06.26 topics

sum

 

モロッコの小さな村に住む女性、ザハラ・アブータリブさん。
 
彼女は養子3人とその孫達に囲まれ、裕福な生活ではないものの、幸せな毎日を送っています。
 
しかしザハラさんの人生は、時に命の危険さえ感じることがあったほど、困難の連続でした。
 
th_1
 
それは1955年のこと。
第一子となる子供の誕生を楽しみにしていたザハラさん。
しかし、彼女の状況が普通ではないことがすぐに判明したのです。
 
ザハラさんは非常に初期の段階で産気づいたのですが、48時間経っても子供が産まれなかった為、病院へと運び込まれました。
 
当時の医療レベルは現在とは比べられないほど低いもので、妊婦に対するエコー診断なども存在しません。
 
th_2
 

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る