正座して足がしびれて立てない…そんな状態を瞬間的に治す方法があった!!

2016.07.18 topics

th_sam

 

椅子で座ることの多くなった昨今。
 
たまに正座をすることになったら、足がしびれて立てなくなるという人も多いのではないでしょうか。
 
その痺れの程度は人によってそれぞれで、酷い人にとってはとても辛いことですよね。
 
これからの時期、お盆で実家で正座という機会も増えてくるので、その前に対処法を覚えておきましょう!
 

足のしびれはなぜ起こる?

 

 

実は正座のしびれには末梢神経が大きく関係しています。正座した時の脚の状態を考えてみましょう。まず、ヒザ下の部位で血管が圧迫され血液の流れが悪くなります。これにより、末梢神経に必要な酸素が不足します。さらに、皮膚に近い末梢神経は、体の重みによって直接圧迫を受けてしまいます。
 
こんな状態を続けていると、知覚を伝える末梢神経の機能が低下し、そこに異常電流が流れ始めます。そう、この電流こそがしびれの原因だったのです。

引用:nabolin.com

 
あのしびれの正体は血管や末梢神経の圧迫による「異常電流」の発生によるものだったのですね。
 
ではそれに対しての対処法も見ていきましょう。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る