伝説のバイト『タケル』の接客術。1年で繁盛店に変えた独自の方法が目からウロコ…

2016.08.04 topics

th_sam

 

現在都内で3店舗の飲食店を経営する39歳の男性・鶴田さん(仮名)は、30歳のときにそれまで勤めていた会社から独立し、東京・世田谷区にキャパ20人ほどの居酒屋を出しました。
 
それから10年も経たずして3店舗まで拡大。
順調に店舗の売り上げを伸ばしていったわけですが、経営者の鶴田さんはその一番の立役者は、最初に出店した居酒屋でアルバイトをしていた、当時大学生のタケルさんだったといいます。
 
驚くことに、タケルさんがアルバイトに入っている日と入っていない日とでは、売り上げに倍の差があったのだとか。
 
そのタケルさんを今でも、”伝説のバイト”として今の従業員たちにも語り継がれているそうなのですが、アルバイトが一人いるだけで売り上げに倍も差が出るなんて…一体どんな働き方をしていたのでしょうか。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る