見知らぬ人から突然バラを手渡された車椅子の女性。彼女の夫が階段を指差すと彼女の目から涙が溢れる

2016.08.04 topics

sam

 

イギリスのリバプールに住むカール・ギルバートソンさん。
 
彼は結婚10周年記念日を何か特別な方法でお祝いをし、妻を驚かせようと考えていました。
 
カールさんの妻は多発性硬化症(MS)を患っており、車椅子の生活を余儀なくされています。
 
カールさんはそんな妻ローラさんを外に連れ出しました。
 
すると、見知らぬ若者が車椅子に座るローラさんの前に立ち塞がります。
そして、一輪のバラを手渡したのです。
状況が理解できないローラさん。
 
そこでカールさんは、ローサさんに「あそこを見てごらん」と目の前の階段を見るように指差しました。
 
その階段で起こったことに、ローラさんは感情を抑えることができませんでした。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る