【これぞ経営戦略!】銭湯のコーヒー牛乳を80円から100円に値上げした結果、売上が跳ね上がる!そのワケとは

2016.08.12 topics

sam

 

皆さん銭湯に行くことはありますか?
 
近年では各家庭に浴槽があり、銭湯に行く機会も減ってきているかと思いますが、銭湯は日本を古来から支えてきた大切なお風呂場。
 
しかし、そんな銭湯は次第に姿を消し、年々数を減らしているのが現状です。
 
存続させるためには、当然ながら売上を上げる必要があり、その方法は来場者を増やすことに尽きます。
 
そして、銭湯内のサービスを充実させ、入浴料以上の売上を伸ばすことが不可欠です。
そんなある銭湯が行った、経営戦略がとても画期的だと大きな話題を集めています。
 
それは「コーヒー牛乳を80円から100円に値上げ」すること。
 
値上げしたことにより、コーヒー牛乳自体の売上が伸びることが予想できますが、値上がりすることでコーヒー牛乳を購入する人が減り、返って売上を落とす場合もあります。
 
そんな中、コーヒー牛乳を100円にしたことによって、売上が「跳ね上がった」というのには入浴者の行動プロセスをじっくり考察した上での経営戦略だったのです。
 
今回、そんなお風呂屋さんが行った、戦略をご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る