【現代の手塚治虫】一話ごとに考えさせられる漫画が話題に!

2016.08.14 topics

th_sam

 

戦後の日本においてストーリー漫画の第一人者として、漫画の草分け存在として活躍した手塚治虫。
 
『火の鳥』、『鉄腕アトム』、『ブラックジャック』など、今でもリメイクされ語り継がれるほどの普及の名作を世に送り出してきています。
 
そんな手塚先生に憧れていた漫画家も多く、「pad GALLERY」所属25歳の漫画家、史群アル仙さんも幼少期から手塚先生に憧れを抱いていた一人。
 
そんな史群アル仙さんが描く漫画が、現在Twitter上で話題となっています。
 
一話一話、見開きで読み切りでありながら、何か考えさせられる内容に仕上げられています。
 
手塚先生のファンならきっと好きなタッチで描かれている、史群アル仙さんの漫画を今回少しご紹介させていただきます。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る