突撃したら2度と生きて戻れない 人間魚雷「回天」戦時中に行われた悲劇の作戦をご存知ですか?

2016.08.18 topics

sam1

 

皆さん、人間魚雷「回天」をご存知でしょうか。
 
第二次世界大戦時に使用された兵器の一つなのだそうですが、名の通り人間が操作魚雷に乗り込み、艦隊に突撃し、自分の命と引き換えに敵艦を鎮める兵器なのだそうです。
 


 

「窓一つない狭い鋼鉄の中に爆弾と共に詰め込まれる」

 
それは一体どんな気持ちだったというのでしょうか・・。
 
戦争は、罪のない人間の命を次々と奪います。
この人間魚雷「回天」に乗る若者も、罪はなかったでしょう。
 
しかし、日本国が勝つために、人の命が尊重されず、勝つための「道具」になってしまっていたのです。
 
今回、そんな私たちがあまり知らない、人間魚雷「回天」の悲しい歴史についてご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る