バドミントン女子ダブルス、大逆転勝利!!日本初の金メダルを獲得!【コメントあり】

2016.08.19 topics

sam1

 

リオデジャネイロ五輪、第14日目の18日、バドミントンの女子ダブルスの決勝戦が行われました。
 
日本初の金メダルをかけて挑んだのは、高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組。
 
対戦相手のリターユヒル、ペデルセン組(デンマーク)2-1を降して、日本初の金メダルを獲得しました!!
 
高橋、松友組は第1ゲームを18-21で落としましたが、第2ゲームは修正して21-9で圧倒。
 
第3ゲームは終盤でリードされながら5連続ポイントで21-19と逆転しました。
 
勝利の瞬間、高橋は仰向けに倒れ込み、松友はしゃがみ込んで歓喜。
その目からは涙も溢れていました。
 
松友選手は、
 

「1ゲーム目は自分が良くなかった。最後、ファイナルでは今までやってきたことを諦めずに出すことができ、逆転できた」

 

高橋選手は涙声で

「最後に追いついたときに、こういうときは自分たちの方が強いと思っていました」

 
この手に汗を握る展開に祝福のコメントがたくさん贈られています。
 


 


 

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る