吉田沙保里 決勝で敗れ銀メダル。4連覇ならずも亡き父に感謝「ここまで私を育ててくれてありがとう」

2016.08.19 topics

sam1

 

リオデジャネイロ・オリンピック14日目の8月18日(現地時間)、レスリング女子53キロ級で吉田沙保里(33)が決勝に進出したが、ヘレンルイーズ・マルーリス(アメリカ)に敗れ、銀メダルとなりました。
 
女子58キロ級の伊調馨に続くオリンピック4連覇はならず、試合終了の瞬間、吉田沙保里はマットに顔を伏せたまま、しばらく立ち上がることができませんでした。
 
全く危なげない試合運びで決勝戦まで駒を進めた吉田選手でしたが、金メダルをめぐる試合は、非常に接戦を繰り広げます。
 
序盤では吉田選手が1点を先取するが、その後はお互いに得点を重ねることができず、1-0のままで第1ピリオドが終了。
 
ここから得点を追加したい吉田選手でしたがが、第2ピリオド序盤で相手にバックを取られてしまい、1-2で逆転されました。
 
そして試合が残り1分となったところで、さらに相手に点を追加され、1-4に。吉田はその後も攻め続けるが得点につながらず、1-4で敗戦。
 
試合直後から吉田は涙を流し、インタビューでも何度も言葉を詰まらせました。
 

「たくさんの方に応援していただいたのに、銀メダルに終わってしまって……申し訳ないです。日本選手の主将として金メダルを取らないといけないところだったのに……ごめんなさい。自分の気持ちが、最後は勝てるだろうって思ったんですけど、取り返しのつかないことになってしまって……」

 

「最後の最後で銀メダルで終わると思っていなかったです。悔しいです。たくさんの方に応援していただいて、本当にありがとうございました。(ロンドン五輪以降は)『打倒・吉田』でみんなが来るのがわかっていたんですけど、本当に最後の最後で落とし穴にはまると思っていなかったので……」

 

しかし、そんなインタビューの中でも、唯一笑顔を見せ、「本当にレスリングやっていて幸せです」とコメント。
 

その後、2014年に亡くなった父、栄勝さんの話に及んだときでした。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る