リオ五輪、女子レスリング中の客席で大暴れする日本人男性・・・。黄金の衣装に身にまとったあの男だった

2016.08.21 topics

sam1

 

現地日時8月18日。
 
日の丸を背負った女子レスリング選手たちによる一進一退のせめぎあいに、日本国民だけでは世界中の人々が大熱狂したのではないでしょうか。
 
当日に行われた試合は、女子53キロ級・吉田沙保里選手、女子75キロ級・渡利璃穏選手、女子63キロ級・川井梨紗子選手が登場。
 
五輪初出場の川井選手が金メダルを獲得したり、4連覇を目指す吉田選手が決勝戦で敗れたりするなど、歴史的瞬間の数々がありました。
 
そんな白熱した会場は、観客の誰もがリングに大注目し、大声援を送ります。
しかし、そんな中、観客席で注目を浴びる人物がいました。
 
この男性は、日の丸の鉢巻をし、黄金の衣装を身にまとった日本人。
 
なんと、過去の08年の北京五輪、12年のロンドン五輪にも観客席に現れ話題をかっさらっていたのです。
 
そして、今年も現れるのではないかとネット上で噂されていたのですが・・・
 
やはり現れました!
 
今年も観客席を陣取り、全力で声援を送り続ける男性。
その熱狂ぶりに観客席も大盛り上がりを見せたそうです。
 
わざわざ地球の裏側まで足を運ぶ、フットワークの軽い男性とは一体?
 
それは、私たちがよく知る「伝説の男」だったのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る