こち亀が連載終了を発表!40年間での『両さん』の変化を改めて振り返る…

2016.09.03 topics

th_sam

 

漫画やアニメ、ドラマでも老若男女問わず多くの人に愛された『こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)』。
 
その『こち亀』の作者である漫画家・秋本治氏が3日、連載40周年を記念して神田明神に完全描きおろし巨大絵巻物を奉納しました。
 
th_1
 
そして、そこで秋本氏が同作の連載終了を発表したのです!
 

 
びっくりさせて申し訳ない。
 
終わっちゃうのは悲しいがおめでたいこと。200巻で区切り。この機会を逃すと中途半端になる。おめでたい時に終わるのが一番かな。
 
このおめでたい日に自分の口で発表したかった

 

 
また連載終了は、体調面での理由ではないとも明かしました。
 
th_2
 
こち亀といえば、1976年から40年間、一度の休載もなく連載が続けられている漫画で、「少年誌の最長連載記録」というギネス記録を持っています。
 
そんな『こち亀』の中では主人公の両津勘吉が下町を舞台に、騒動を起こす姿が描かれ、その時代に合わせた物語を展開しています。
 
1976年の連載開始から、現在までに著しく絵のタッチが変わっている
ことでも有名な『こち亀』を、連載終了の発表を受けて改めて振り返ってみましょう!

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る