「5人を助けるために1人を犠牲にしてもいい?」幼児が出した答えに大人たちは絶句…!

2016.09.04 topics

th_sam

 

自由な発想を持った子供たち。
 
その子供たちに、さらに考える力を付けさせたいという思いから、大人たちは子供に質問や問題を投げかけます。
 
大人の問いに対し、子供が出す答えは自由な発想のものも多く、大人が思わず感心してしまうことも。
 
そして、2歳の子供に対してちょっと難しい問いかけをしたお父さんがいました。
 
th_sam
 

 
君はこの列車の運転士だ。
運転している列車が突然制御出来なくなってしまった。
 
列車が走っている先には5人の作業員がいる。
 
でも、手前には分岐器もあり、それを使えば路線を変更できる。
 
ただし、変更できる路線の先にも1人の作業員がいる。
さて、君ならどうする?
 

 
倫理学では有名な問題ですね。
 
この問いかけに正解はなく、大人でも頭を悩ませる問題。
 
しかし、この問いかけに対し2歳児のニコラス君は即座に答えをだし、大人を驚かせたのです!

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る