この似ている漢字、あなたは使い分けできていますか? 気づかぬ間に間違えている漢字たち7選

2016.09.22 topics

th_sam

 

 

th_5
 
「茶」(チャ・サ)の「ホ」と「荼」(タ・ダ・ト/くる-シミ・にがな)
 
「茶」は「緑茶」、「麦茶」で知られるように飲料品を指す漢字。
「荼」はニガナ、ノゲシなどのキク科の多年草を指すとともに、「荼毘」という言葉にも代表される「苦しみ」を表す漢字です。
 

th_6
 

「萩」(シュ・シュウ/はぎ)と「荻」(テキ/おぎ)
 
「萩」(シュ・シュウ/はぎ)はまめ科の落葉小低木を表します。
「荻」(テキ/おぎ)はイネ科の多年草を表します。
 

th_7
 
「祟」(スイ/たた-り)と「崇」(スウ/たか-い・あが-める・お-える)
 
「祟」(スイ/たた-り)は文字通り神や霊のタタリという意味があります。
「崇」(スウ/たか-い・あが-める・お-える)は気高いやあがめる、うやまうなどの意味があります。
 
いかがでしたか?
 
どの漢字も拡大すれば違いがわかるのですが、ぱっと見では判断が難しいですよね。
手書きどころかPCやスマホで打つ時も読み方がわからず、間違って打ち込んでしまいがちです。
 
間違った事態で提出しないためにも。これらの違いをしっかり覚えておきたいものですね!

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:favclip.com


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る