JR関ヶ原駅にあるコインロッカーが戦国武将風で超カッコイイ!!そして、故障中の姿は…

2016.09.23 topics

th_3

 

岐阜県の不破郡にある、関ケ原町。
西暦1600年10月21日に、天下分け目の関ケ原の戦いが起こった場所であり、戦国時代好きであれば誰もが一度は訪れたことのある場所ではないでしょうか。
 
その関ヶ原の側にあるJR関ケ原駅には、戦国武将に関するさまざまな施設があります。
 
目の前にあるのは、スタッフの方がおすすめスポットを教えてくれる関ケ原観光案内所。
隣には、関ケ原駅前観光交流館があります。
 
お土産を販売しているこの交流館には、ユニークなロッカーが設置してあり多くの人が歩みを止め、ロッカーを眺めてしまうようです。
 
th_1
 
しかも、武将の兵力でロッカーの大きさが振り分けらているなど、こだわりが感じられます。
 
th_2
 
th_3
 

戦国ファンにはたまらないロッカーですね。
ですが、注目されたのはそれだけではありません。
このロッカーが故障した時の『貼り紙』まで凝っていると話題になったのです。
 
その貼り紙とは一体?

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る