「本当にいないんだな…」イチローが同僚の死に悲しむ中、事故後の初試合で奇跡が起きる。

2016.09.28 topics

th_2

 

イチロー選手が所属するマリーンズ。
エースのホセ・フェルナンデス投手が25日未明にボートによる不慮の事故で命を落としたことが発覚しました。
 
この悲報を受け、昨日のブレーブス戦は中止。
 
そして、マーリンズは急遽記者会見を行い、若きエースに起こった悲劇について語りました。
 
その会見の場にもいたイチロー選手ですが、フェルナンデス投手からは神様のように慕われており、多くのチームメイトが涙を流す中、イチロー選手は顔をこあばらせて立っている姿がとても印象的でした。
 
そして、翌日27日、この日は本来イチロー選手の『3000本安打記念式典』が行われる予定でした。
しかし、記念式典を急遽取りやめ、フェルナンデス投手の追悼式が行われることに。
 
th_1
 
試合前の追悼セレモニーにフェルナンデスの背番号「16」ユニホームを着て登場。
 
そしてメンバー全員で円陣を挑み、涙を流しながら守備位置にむかうマリーンズの選手たち。
 
そして、迎えた初回裏。
様々な想いを募らせらせた先頭打者のゴードン選手は奇跡を起こしたのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る